読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675にゲルザブを取り付けた

夏の北海道ツーリングに向けて、長距離走行対策にゲルザブを取り付けた。

今年の6月に新型のゲルザブ EHZ3136が出て、座面の難滑性の高い素材に変わったらしい。

Amazonには新型と旧型どちらも取り扱いがあって、なぜか旧型の方が高い。 なんでだろ? もちろん、新型を購入。

取り付け

前寄りに取り付け。

f:id:modal_soul:20160723183101j:plain:w300f:id:modal_soul:20160723183152j:plain:w300

シート前部の差し込み部分と干渉するので、マジックテープをかなり斜めに合わせないと取り付けられない。 これだと強度に多少不安が残る。。

f:id:modal_soul:20160723183411j:plain:w300


後ろ寄りに取り付け。

f:id:modal_soul:20160723183645j:plain:w300f:id:modal_soul:20160723183700j:plain:w300

シート前部の差し込み部分と干渉しない位置まで下げた。ひとまずこれで行こうと思う。

f:id:modal_soul:20160723183738j:plain:w300

インプレ

これで160~170kmほど走ってみたけれど、なかなか良い感じ。特に高速を走ってるときの振動が減って、快適になった。

ただ、峠道なんかのカーブでグッとシート加重したときの「むにゅっ」っていう感覚は慣れが必要。

座面が柔らかくなったのと、難滑素材のおかげで、純正のシートより若干滑りずらくなったと思う。若干。

ゲル素材の位置的に、もう少し前寄りのほうが良い感じがするので、取り付け方は改善の余地ありかな。

おまけ

タンデムシートに取り付けてみた。

f:id:modal_soul:20160723184601j:plain

一応、取り付けはできるけど、タンデムグリップが隠れてしまう。