modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

林道ツーリング用にオフロードブーツ Alpinestars Tech1を買った

f:id:modal_soul:20170822111135p:plain

バイク乗るときはどんな靴履いてますか?

わたしはガエルネのVOYAGERを履いてます。

これ見た目はハイカットスニーカーだけど、くるぶしとかかとにプロテクタ、カップ型のつま先ガード、素材はGORA-TEXで防水性も考慮されたライディングシューズなのです。

靴ひもタイプですが、サイドのジッパーで開閉できて、しかもジッパーが外側についているので、バイクのステップを傷つける心配もない。

軽くて、歩きやすくて、バイクに乗ってないなくとも違和感のないデザイン、ツーリング先で歩いてまわるのに重宝してます。

わたしが持ってるのはグレーで、ちょっと前に黒がラインナップに追加されました

とてもいいライディングシューズなんですが、林道に行くとなると、、ちょっとね。。

ツーリング以外にも街乗りで使ってるんで、シューズがぬかるんだ道で泥だらけになるのはいやだし、

林道を走ってれば、必ずバイクの下敷きになる、って自信もある。間違いない

なので、オフロード用のブーツを買うことにした


用途

道具を選ぶときは、まず目的をハッキリさせよう!

まずは何と言っても林道ツーリング

↓の記事で書いたような感じを想定。林道エンジョイ勢です。ゲロアタック?知らない子ですね…

modalsoul.hatenablog.jp

modalsoul.hatenablog.jp

慣れたらオフロードコースも走ってみたい

試着

とりあえずオフロードショップへGO

AlpinestarsやFOX、GAERNE etc..のエントリーモデルを片っ端から試着して、各メーカーのサイズ感を把握。履いた感じ、正直に言うと違いがイマイチわからなかった。。

どのブーツも「これだけゴツければ安心だな!」って感じはしましたけどね

見て回った感じだと、サイズの在庫があって用途と予算にマッチしたのが、在庫セール中のAlpinestars Tech1の黒・黄色。ほかのはサイズ在庫がなかったり、予算オーバーだったり。。orz

結局この日は買わずに、ネットで価格調査するかーと思いつつ帰宅。

Webikeアウトレットセール

価格調査に通販をクロールしてたら、試着したのと同じサイズがピンポイントでWebikeのアウトレットセールになっているのを発見。

それがこちら

Alpinestars Tech1 ブラック ¥23,980!!

ggってみるとこんな記事がヒット

高い、硬い、とはもう言わせない。alpinestarsからファーストナンバー TECH 1ブーツが登場。yakandirtmoto.wordpress.com

TECH 1は、オフロードビギナーに最適なエントリーモデルという位置付けで登場した製品で、プロテクション性能を保ちながら足の動きを妨げない作りになっているという。

お、なかなか良さげ?

さらにDIRTFREAKの商品説明によると、

オフロードビギナーに最適なエントリーモデル

何種類もの異なる素材を組み合わせ、高いプロテクションと履き心地の良さが特徴のテック 1ブーツは、オフロードビギナーに最適。テック10・8などアルパインスターの代表的モデルのDNAを受け継いだテック1には、"フレックス・ブレード・システム"や人間工学に基づいて設計されたバックルクロージャーシステムなど、業界を牽引するアルパインスターならではの機能が多数取り入れられている。勝利へのあくなき追求を続けるアルパインスターのテクノロジーが詰まった最高のエントリーモデル

"オフロードビギナーに最適"

"最高のエントリーモデル"

これはまさに今の自分にうってつけ!即ポチったのでした。

Alpinestars Tech1の性能について

ビギナー向けエントリーモデル履き心地が強調されていて、肝心の性能はどうなの?って思いますよね

ではここで、ブーツの内側に記載されたラベルを参照

CE規格 EN13634:2010

ブーツに同封されていたマニュアルと照らし合わせて解説すると、このブーツはEC1364:2010という基準法にもとづいて検査され、CE規格の基準を満たしていることが記載されてます。

CE規格については↓がわかりやすかった

バイク用ブーツのCE規格 | Slow Life, Slow Ride

さらに詳しく読むと、

耐摩耗性テスト

耐摩耗性テストCE level1に合格している。耐摩耗性が高いと、転倒時に路面で削れてしまうのを防いでくれる。

level1がどのくらいの性能かというと、↓のArea Aの部分だと、時速28.8kmで40m路面を滑っても、足がむき出しにならないくらい。

http://bike.hokahoka.net/wp-content/uploads/2016/11/EN-13634_Impact-zones.png

ちなみにlevel2だと、同じ時速28.8kmで100m路面を滑っても、足がむき出しにならない。

衝突による耐裂性テスト

衝突による耐裂性テストCE level2に合格している。耐裂性が高いと、尖った金属などが飛んできても足を保護してくれる。

level2は、110 g ± 2 g のナイフを20cmと40 cmの高さから刃を下にして落として、貫通する深さをが、

  • Area A(足首前側、アキレス腱側):20cm(ナイフ衝突速度 2.0 m/s)貫通 25 mm 以下
  • Area B(足の甲、側面、足首前側上部):40cm(ナイフ衝突速度 2.8 m/s)貫通 15 mm 以下

ソールの硬度のテスト

ソールの硬度のテストCE level2に合格している。硬度が高いと、倒れたバイクに足が挟まれても、潰されずにすむ。

level2は、ブーツを横にして上から押して、潰すのに要する力が1.5kN以上。1.5kNは、約150kg

KLX250の車両重量が136kgなので、ソールの上にKLX250が起立しても理論的には大丈夫(どんな状況だよ


と言った具合に、エントリーモデルであることを差し引いても十分な性能なんじゃないでしょうか?

これで安心して林道に行けるぜッ!!

買ったあとに調べてわかったこ

「うわぁ、、下手こいた。。orz」って感じでは無いんですが、、若干もにょってます。。

この記事↓を読んで知ったんですが、

試してみたぞ、alpinestars TECH 1 ブーツ レビューyakandirtmoto.wordpress.com

Alpinestars Tech1にはオールテレイン(AT)という仕様もあって、ブロックソールになっていてグリップを向上させたモデルがあります。

これがTech1のオールテレイン

この記事でも紹介されてます

ダートバイクプラスブログ|ブーツ選びあれこれ

同じくエントリーモデル FOX COMP5のブロックソール仕様

とまぁ、これら以外の記事を読んでも、だいたい林道ツーリングにはこのブロックソールがオススメされているんですねぇ。

そして、今回買ったのはブロックソールじゃない方。。

オールテレインはアウトレット対象になかったんで同じ価格では買えなかった訳なんですが、、うーん、もにょる。。


使ってみた

↓の林道ツーリングで履いたぞ

modalsoul.hatenablog.jp

サイズ感はまぁまずまず

ライディングシューズと比べると、やっぱり足首は硬くって、最初の方はシフトチェンジに違和感ありまくりだったww

慣れれば、シフトアップはグイっとこじる感じ、シフトダウンとリアブレーキも脚で踏む感じでいける

歩くのはなかなか面倒で、スノーボードシューズ履いてるみたいな歩き方になるw バックルを外せば多少マシになる感じ

未舗装路上を歩いた感じ、そこまですべる感覚はなかったかなぁ。このくらいならオールテレインでなくても大丈夫じゃなかろうか?

オフブーツにしては、かなりソフトな使用条件だったけど、問題なしって感じ

ガシガシ使ってくぞ!