modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

KLX250エンジンオイル交換(1回目)

f:id:modal_soul:20180205003210p:plain

前回のエンジンオイル交換は、納車時の25,374km

今回作業時の走行距離は29,475kmなので、4,101km走行したことになる

いつも3,000kmを目安にしてたので、だいぶ超過してしまった

追記】オイルフィルター/エレメントの交換

フィルターの交換手順については、以下を参照

modalsoul.hatenablog.jp


作業前に

以下の作業は、カワサキのサービスデータをもとにてやっていきます

カワサキモータース サービスデータ検索

準備

エンジンオイル

サービスデータによると、エンジンオイルの指定はSF.SG.SH.SJ 10W-40

API規格は、SFクラス以上ならOK

量は、フィルター交換ありで1.3L、なしで1.0L

今回はオイルのみ交換なので、ちょうど1Lのこのオイル↓を使う

粘度はメーカー指定と同じ10W-40

API規格はSLなので、メーカー指定よりも高品質かつ、全合成

これを¥867で買えるのだから、AZさんパネェっす

ドレンワッシャー(パッキン)

サイズはM10

3枚入りを¥98で購入

廃油処理箱

今回は1L廃棄予定なので、小さい方のポイパック(2.5L)を使う

1個¥166

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 1603

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 1603

工具類

作業

まず、バイクを直立させる。いつもはバイクスタンドを使うんだけど、今回は横着して柱に持たれかけて作業。不意に倒れても大丈夫なように、サイドスタンドは出したままで作業する。

エンジンオイルを排出

ドレンボルトは、エンジン下部のシフトペダル側にある。

スキッドプレートの穴から見るとこんな感じ

ドレンの下に廃油処理箱をセットしたら、

ドレンボルトを外す

かなりどろっとしたオイルが出てきた。やっぱり、交換サイクルはもっと短くしたほうが良さそうだ。しばらくこのまま放置。軽く車体を揺すって、オイルを出し切る。

ドレンボルトの取り付け

まずはドレンワッシャーを交換。ドレンボルトは軽くパーツクリーナーでオイルを落としておく

ドレンボルトの締め付けトルクは、15Nm

締め付けが弱いとオイル漏れやボルト落下の原因になるし、強すぎるとドレンを痛めるので、トルク管理はしっかりと

オイル注入

左上の尖ったところから、オイルを出す。

注ぎやすくて、これは便利

ただし、使う前に口の部分を切り落とす必要があるので、ナイフを準備しておこう

バイク右側面下部、ブレーキペダルのあたりにある窓で液面を確認し、ゲージ上端まで入れる

その後、エンジンをかけてしばらく回すと

エンジンの各部にオイルが行き渡り、液面が下がってだいたいゲージの真ん中になった

この時、ゲージ下端を切っている場合はオイルを足す


これで作業終了

ついでにチェーン洗浄もしてスッキリ

エンジンの始動性がよくなった感じがするし、スゲーッ爽やかな気分だぜ!!