modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675のエキゾーストマニホールド割れの症状・原因・修理・対策 #Daytona675

症状

  • エンジン音に異音が交じる

報告事例(前期型)


Daytona 675 clicking/tapping noise

年式の記載はないけど、フロントカウルから前期型と思われる

報告事例(後期型)


2009 Triumph Daytona 675 Crack in Exhaust Manifold


Exhaust leak

年式の記載はないけど、3本のヘッダーパイプを繋ぐ鉄棒が見えるので後期型と思われる

類似事例

異音がするのは同じだけど、音質がことなる

カムチェーンの不具合、らしい

www.youtube.com

影響

レギュパンやコイル焼けのように、走行不能になるものではないので

原因

エキゾーストマニホールドが金属疲労で割れができる。

f:id:modal_soul:20180408225054j:plain
エキマニの割れ

多く見られるのは、ヘッダーパイプ間をつなぐパイプとの溶接箇所(ビード)に沿った割れ

モデル差

前期型、後期型ともに見られる。最終型での発症は不明。

修理

応急処置

シール剤

Holts(ホルツ) ファイアガム MH705

Holts(ホルツ) ファイアガム MH705

割れをシール剤で塞ぐ。熱・振動が強い場所なので、耐久性は不明

恒久処置

溶接

modalsoul.hatenablog.jp

割れを溶接で塞ぐ

バンテージ

割れた箇所をバンテージで塞ぐ

対策

不明

急激な温度変化を避ける(洗車時に、エキマニが冷えるまで水をかけない)