modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675のバッテリーをリチウムイオンバッテリーに交換した

ヘッドライトバルブ切れから、バッテリーのへたりが発覚したデイトナ

modalsoul.hatenablog.jp

問題の根本解決のために、バッテリーを交換することにした

今回選んだバッテリーはこちら

マキシマリチウムイオンバッテリーML9-BS-FP

¥14,190でした

ちょっとお高めですが、前々から気になっていたリチウムイオンバッテリにしてみました

ちなみに'09年式デイトナ675の純正バッテリーはこちら

そして、交換前のバッテリーがこちら

ちなみに'06~'08は7Ahだったらしい

その他候補

ML9-BS-FP以外に選択肢に入っていたリチウムイオンバッテリ

PowerStart LFP9-BS

同じくYTX9-BSと互換性のあるリチウムイオンバッテリ

バッテリー上部にデジタル表示があって、電圧計なしで電圧が確認できる優れもの

重量が1.1kgとML9-BS-FPよりも重かったので選考落ち

SKY RICH HJTX7A-FP

リチウムイオンで有名?なスカイリッチ製品

YTX9-BS互換品は在庫が無いく、一回り小さいHJTX7A-FPは見つかった

重量650gとかなり軽く、純正と比べ高さが1cmほど低いので、空いたスペースに工具を積むのもアリ?

純正と比べて容量が少ない点がやっぱり気になったので選考落ち

前期型は7AhなのでこれでOK

実物

基本的な形状はかわらないですが、高さが1cmほど低いので、付属のスペーサーをかませる必要があります

重量はバッテリー本体で841g、軽い!!

取り外し・取り付け

バッテリーの取り外し、取り付けの手順はオーナーズマニュアルに記載があります

取り外し

  • シートを取り外す
  • バッテリーストラップを外す
  • マイナス(黒)のリード線から外す
  • プラス(赤)のリード線を外す
  • バッテリー本体を取り出す

取り付け

  • バッテリー本体を収める
  • プラス(赤)のリード線からバッテリーに接続する
  • マイナス(黒)のリード線を接続する
  • 端子に薄くグリスを塗る(腐食防止のため)
  • プラス端子に保護キャプをつける
  • バッテリーストラップを取り付ける
  • シートを取り付ける

端子に塗るグリスはこんな感じのものがいいらしいですが、手持ちがなかったので今回は省略。。

比較

取り外した旧バッテリーの重量は3,031g、重い!!

リチウムイオンバッテリーと比べると、その差は2,190g!! かなりの差

インプレ

取り付け直後は、充電が足りなかったようでエンジンがかからず。。

ジャンプスターターでエンジン始動後は、問題なくセルでエンジン始動できました

その後、345kmほどツーリングに行き、帰宅時点のバッテリーの電圧を測ってみると

13.4V

やや低めではありますが、動作に問題はなし

ツイッターでもコメントもらったんですが

レギュレーターの不具合も疑われたんですが、今のところは問題なし

シンプルにバッテリーのへたりが原因だったようです

走った距離は短いですが、いまのところ調子は上々

しかも交換するだけで2kg以上も軽量化できて、心なしかデイトナの加速が鋭くなった気がしますw