modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

KLX250のステッカー・デカールを剥がした

f:id:modal_soul:20171003231018j:plain

KLX250、前オーナーが貼ったステッカー・デカールがついたままになっていたんだけど、気分転換に剥がしてみた

ステッカーチューンや塗装もやりたさがあるけど、今回はとりあえず純正状態に戻すところまで

カウルを外す

今回は、サイドカウルとリアカウルとテールカウルの計5つ

リアカウル

キャリアの根本のボルトと、シート中間あたりのボルト、バッテリー下部/マフラー下部のボルトの3カ所を外す

どのボルトも見える場所に取り付けされているので、迷うことはないはず

サイドカウル

シート中間あたりのボルト、燃料タンク上部の給油口脇のボルト、シュラウド下部のボルト3カ所を外す

こちらも分かりやすい位置にあるので問題無し

テールカウル

キャリアを外したら、テールカウル中程のボルト、テールカウル付け根に内側からフレームに差し込まれているボルトを外す

それと、車体左側を通るテールランプへの配線を固定しているバンドがテールカウルに嵌め込まれているので、これも外す

見えないところにも泥や埃ががが、、


すべてのカウルを外すと、こんな感じになる

KLX250 ネイキッドバージョン

現状のカウル

ステッカー・デカール剥がし

外したカウルと風呂場に持ち込む

汚れ落とし

スポンジと中性洗剤でふつうにあらう。目立った汚れだけ落とす

ステッカー・デカールを熱する

熱めのシャワーを浴びせて、あたためる

ヘラで剥がす

ホームセンターで買った板金用ヘラで剥がしていく。こんなやつ↓

ハンディ・クラウン 車輌・板金用ヘラ 青 普通 40mm

ハンディ・クラウン 車輌・板金用ヘラ 青 普通 40mm

ステッカーの端をから、ステッカーとカウルの間に差し込む感じで、グイッと。滑りが悪ければ、洗剤をつけるとよい

作業中の写真が全く取れてないんですが、カウルのAfterがこちら

ステッカーの剥がれ補修

サイドカウルに貼られた純正の「Kawasaki」ステッカーは残したんですが、一部剥がれがおきてる

このまま放っておくと、見た目よくないし、ステッカー全体が剥がれかねないので、補修する

剥がれ箇所を切り取る

デザインナイフでもって、剥がれ箇所をくるっと切り出す

オルファ(OLFA) リミテッドAK アートナイフ Ltd-09

オルファ(OLFA) リミテッドAK アートナイフ Ltd-09

薄くステッカーの部分だけ切る。力を入れすぎるとカウルを傷つけてしまうので、くれぐれも慎重に。。

ちょっと見えづらいですが、刃で切り取った箇所を持ち上げてます

すると、こんな感じ

まぁこんなもんでしょ


カウルをカッティングシートでチューンしたさはあるんですが、デザインを決めかねているので、今回はここまで

カウルを元通り取り付けて完了