modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675のレギュレーターをMOSFET式に交換した

デイトナ675のレギュレーターを純正から国産メーカー純正パーツのMOSFET式レギュレーターに交換した

レギュレーターの違いについて

'09年式デイトナ675の純正レギュレーターはサイリスタ

サイリスタ式のレギュレーターは、

  • レギュレーター自身の発熱が多め(=パンクしやすい)
  • 変換効率が低い(=供給量できる電力が少なめ)
  • (レギュレーター自身が電気を熱にして逃がすので)コイルや配線への負荷が低い
  • 比較的安価

といった特徴があり

MOSFET式は、

  • 変換効率が高い(=より多くの電力を供給できる)
  • レギュレーター自身の発熱が少ない(=パンクしづらい)
  • コイルや配線への負荷が高い(=コイル焼けを起こしやすい)
  • 高価

といった特徴があります

選択するポイント

サイリスタ式とMOSFET式、どちらがいいかは一概には言えませんが

  • 高回転域をよく使う(サーキット走行など)
  • 電力を消費するアクセサリが少ない

=> サイリスタ

  • 高回転域を余り使わない(公道ツーリング)
  • アクセサリ類を多く使う(USB電源、ドライブレコーダー、電熱ウェアetc..)

=> MOSFET

といった感じでしょうか

最近のデイトナはエンジンの始動が不調で、十分な電力がバッテリーに供給されていないようなので、発電効率を上げるために(コイルや配線への負荷のリスクを許容し)MOSFET化を選びました。

MOSFETレギュレーター

今回はSUZUKIの純正パーツのレギュレーターを使用

取り付け実績のある型番をTwitterのフォロワーさんに教えてもらい、同じ型番のものをモノタロウで注文、¥14,520でした

f:id:modal_soul:20210115162925j:plain

届いたレギュレーターにはコネクタの付属は無かった

レギュレーターのコネクタは3極と2極、対してデイトナ側のコネクタは3極と4極なので、4極を2極へ変換する必要がある。

準備

カプラ

エーモン カプラー3極 (ロック式) 250型 1123

エーモン カプラー3極 (ロック式) 250型 1123

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive

エーモン カプラー4極 (ロック式) 250型 1124

エーモン カプラー4極 (ロック式) 250型 1124

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive

コード

大きな電力にも対応できるよう2.00sqを使用

エーモン 配線コード AV2.00sq 5m 赤 1178

エーモン 配線コード AV2.00sq 5m 赤 1178

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive

エーモン 配線コード AV2.00sq 5m 黒 1179

エーモン 配線コード AV2.00sq 5m 黒 1179

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive

エーモン 配線コード AV2.00sq 5m 黄 1181

エーモン 配線コード AV2.00sq 5m 黄 1181

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive

端子

4極のコードをまとめて2極へ変換する

エーモン ギボシ端子セット(ダブル) 10セット E671

エーモン ギボシ端子セット(ダブル) 10セット E671

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive

配線保護スリーブ

配線を振動による摩擦などから保護するためにスリーブを使用

編組構造なので熱を逃がしやすい

配線

f:id:modal_soul:20210121231407j:plain

レギュレーター側の2極カプラから伸ばしたコードをそれぞれ分岐して4極カプラに接続

固定

純正のレギュレーターよりも小型なので、固定プレートの穴位置が合わない

ドリルでプレートに穴を追加して固定

f:id:modal_soul:20210215231728j:plain

取り付け

通常通り、プレートを固定し、コネクタを接続して完了


レギュレーター交換後、問題なく動作が確認できた

デイトナ675のクランクケースガスケットを自作した

デイトナ675のコイル焼けやクランク角センサー故障の際に必要になるクランクケースガスケット

modalsoul.hatenablog.jp

modalsoul.hatenablog.jp

ガスケットはクランクケースに合わせた形状になっているので、他の車種用のものを流用することができないし、Amazonなんかでも売っていない。

無いなら作ろうということで、自作してみました

準備

純正クランクケースガスケット

今回は純正ガスケットを型取りする方法で自作します

クランクケースを型取って作成する方法もありますが、手元に純正ガスケットがあったのでこの方法でいきます

Web!ke

以前の修理ではWeb!keから購入したんですが、このときはガスケット1個¥2,594、2個注文して送料¥380

納期は、8/14に注文して到着が9/30と1ヶ月半かかりました

modalsoul.hatenablog.jp

World of Triumph

ちなみにWorld of Triumphだと、現時点でガスケット1個£16.07(=2,302円)で、送料は£48.96(=7,010円)

前回使用したときの納期は1週間でした

modalsoul.hatenablog.jp

ガスケットシー

汎用のガスケットシー

純正ガスケットの厚みをノギスで計測したら0.5mmだったので、0.5mmのガスケットシートを使います

¥820で、ガスケット2個分を切り出せる

プラスチック板

今回は100均の透明下敷きを使用

できれば厚み1mm以上あるアクリル板なんかがいいと思います

ポンチ

ガスケットの穴をあけるのに使う

Φはすべて7mmだったので、7mmポンチを使用

SK11(エスケー11) 皮ポンチ 7mm

SK11(エスケー11) 皮ポンチ 7mm

  • メディア: Tools & Hardware

カッター

ガスケットシートを切り出すために使用

タミヤモデラーズナイフはいいぞ

マスキングテープ

マジック

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 黒 5本 P-MO-120-MC-BK5

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 黒 5本 P-MO-120-MC-BK5

  • 発売日: 2011/10/29
  • メディア: オフィス用品

手順

プラ板にトレース

プラ板に純正ガスケットをマスキングテープで固定し、形状をトレース

f:id:modal_soul:20210128205851j:plain

プラ板の切り出し

トレースした線に従い切り出す

外側はハサミで切り出し、内側はドリルで穴をあけたあとに糸鋸で切断

細かいところは残してざっくりと切断

穴もドリルでざっくりあけておく

仕上げ

切り出したプラ板の切断面を削って整え、細かい形状をあわせる

f:id:modal_soul:20210130104453j:plain

ガスケットシートへトレース

切り出した型を使い、ガスケットシートへトレースする

ガスケットシートの切り出し

トレースした線に沿ってカッターでシートを切り出し、下穴にあわせてポンチで穴をあける

f:id:modal_soul:20210130115958j:plain

完成!

仕上がり

↓は、純正ガスケットの上に切り出したガスケットを重ねた状態

f:id:modal_soul:20210130115946j:plain

ほぼほぼ完璧にコピーできたんではないでしょうか?

ガスケットシート1枚から2個分切り出せるので、自作ガスケットの単価は¥410とリーズナブル

汎用ガスケットシートはAmazonでもバイク用品店でも購入可能

これで安心してクランクケースの着脱ができる

ネオプレン製バイク用シフトガード、インプレ

バイクに乗るときはライディングシューズを履いているけど、稀に普通の靴でバイクに乗ることがある

例えば、旅行先でレンタルバイクに乗るとき

modalsoul.hatenablog.jp

modalsoul.hatenablog.jp

そんなときシフト操作で靴を傷めないために、シフトガードを使ってみた

MST シフトガード

ネオプレン製のシフトガードで、つま先をすっぽりと覆うタイプ

かかとにゴムバンドを引っ掛けることで固定する

今回はLサイズをポチった

写真

f:id:modal_soul:20200926202055j:plainf:id:modal_soul:20200926202059j:plainf:id:modal_soul:20200926202118j:plain

下側は丸くくり抜かれていて、ソールが出るようになっていて、さらに内側は滑り止めが施されている

f:id:modal_soul:20200927081000j:plainf:id:modal_soul:20200927081009j:plainf:id:modal_soul:20200927081110j:plain

靴に装着した状態(靴は26cm)。

フィット感はややキツめで、靴幅の広いタイプの靴だとはいらない可能性もありそう

27cmの別のスニーカー(Onitsuka Tiger MONTE CREACE)にも装着できた

インプレ

操作感

普通にシフト操作できる

以前別のブーツに使ったELFのチェンジペダルパッドよりも操作性はよかった

modalsoul.hatenablog.jp

ただし、シフトガード自体がかなり柔らかいので、普段つま先にプロテクションの効いたシューズに慣れていると、ちょっと違和感があるかも

この辺は、装着する靴との相性もあるので、一概には言えませんが

フィット感

しっかりフィットして、クルーザーでもオフ車でもズレることなく使えた

ちょっとずつズレて外れるんじゃないかと思ったけど、案外しっかりハマってズレないものですね

踵に引っ掛けたゴムバンドもズレなかったし、問題なし

耐久性

3日間約700km走行後の状態がこちら

f:id:modal_soul:20201224001123j:plain

地面と接触する部分がほつれて破れたりしないか気になっていたけど、案外大丈夫だった


シフト操作によるスレから靴をしっかりガードできたので目的は達成

セローで林道走ったときは泥や砂の汚れからも靴をガードできたので、汚したくない靴の場合は両足に装着してもよさそう

北海道でセロー225に乗ってきた〜2日目〜

セロー225に乗って林道探索、2日目

1日目はこちら

modalsoul.hatenablog.jp

ルート

帯広を出発し、足寄付近の林道探索をする

豊岡見晴し台駐車公園

ないたい高原牧場に向かう途中、見晴らしが良かったのでよってみた

f:id:modal_soul:20201025101645j:plain

f:id:modal_soul:20201025102012j:plainf:id:modal_soul:20201025102025j:plainf:id:modal_soul:20201025102106j:plain

ないたい高原牧場

牧場へ向かう道は、見晴らしのいい草原の丘をの登っていくルート

ゆったりとしたRのカーブとアップダウンで、めちゃくちゃよかった

草原の緑と空の青がとても映える

NAITAI TERRACE

ないたい高原牧場にあるナイタイテラスの手前あたりから、一気に雲行きが怪しくなり、ポツポツ雨が降ってきたので、テラスで休憩

不運なことに、関西からお越しの団体さん御一行を乗せた大型観光バスが数台乗り付けてきて、テラスは激混み

天気は完全には回復しなかったけど、予定も押してきているので出発

登川林道

R273を北上し、道道468沿いから芽登川林道へ入る

はじめて鹿ゲートをくぐった

f:id:modal_soul:20201025121156j:plainf:id:modal_soul:20201025121514j:plain

名前の通り芽登川沿いを走る林道で、右手に川を眺めながらしばらく進むと分岐を発見

写真では伝わりづらいけどすごい傾斜だったのでとりあえず登ってみた

f:id:modal_soul:20201025122526j:plain

f:id:modal_soul:20201025122522j:plainf:id:modal_soul:20201025123053j:plainf:id:modal_soul:20201025123104j:plain

f:id:modal_soul:20201025123111j:plain

幌加美里別林道(ホロカビリベツ)

道道88を北に進み、ホロカビリベツ川にぶつかったところで林道へIN

f:id:modal_soul:20201025125729j:plain

2.8kmほど進んだところで通行止め

f:id:modal_soul:20201025131533j:plain

40点沢林道

ちょうど通行止めの場所の右手に分岐があり、ホロカビリベツ川の支流沿いを進む40点沢林道に行ってみる

f:id:modal_soul:20201025131542j:plain

草丈も高く、結構荒れ気味の林道で、右手に沢を見ながら登っていく f:id:modal_soul:20201025132953j:plain

荒れた林道に突如現れるカーブミラー

↑の後半、倒木の奥側に角のでかい雄鹿が立っていて、かなりビビった

倒木の向こう側はこんな感じ f:id:modal_soul:20201025133741j:plain

かなり荒れていて長いこと放置されているように見えた

林道十勝ヶ丘線

f:id:modal_soul:20201025153204j:plain

f:id:modal_soul:20201025154653j:plain

十勝が丘展望台から帯広市内へ戻り、車両を返却

雑感

  • かなりコンパクトで、両足ともベタ付き
  • キレ角もたっぷりで小回りがすごく効く
    • ハンドル幅も控えめだから、MAXまで切っても持ち手が遠くなることはない
  • ハンドル低め
    • スタンディングよりは2輪2足って感じ
  • 低速の粘りがすごい
  • リアサスが柔らかい
    • 舗装路をそこそこのスピードで走ると、バウンドする
    • 高速道路は走ってないけど、80km/h以上はキツそう

気軽に乗れる感がスゴい。パワフルさは控えめだけど、とにかくコントロールできて、どんな道でもぐんぐん進める

先がわからない道だと、進めるかちょっと不安になるけど、セローならたぶん行けるし、無理そうならUターンすればいいやという安心感がある

セローなら行けるを頭でなく心で理解した

現行でもこんな感じのバイク出してほしいなと思った(セロー250もこんな感じなのだろうか?)

ポータブル電動エアコンプレッサー「MOJIETU Lightning-A Smart & Portable Tire Inflator」を買った

バイク用にポータブル電動エアコンプレッサーを買ってみた

MOJIETU Lightning-A Smart & Portable Tire Inflator

www.indiegogo.com

7月頭にクラウドファンディングを見つけて、気長に待っていたら11月にやっと届いた

写真

f:id:modal_soul:20201212015710j:plainf:id:modal_soul:20201212015759j:plain
f:id:modal_soul:20201212015841j:plainf:id:modal_soul:20201212105434j:plain
f:id:modal_soul:20201212015934j:plainf:id:modal_soul:20201212015730j:plain

詳細

  • ほどほどにコンパクト
    • 本体は350mlの飲料缶と同じくらいのサイズ
    • 直径70mm、高さ140mm(ex. 350ml缶は、直径66mm、高さ122mm)
  • バッテリー内蔵
    • 電源なしで使用可、電源容量は2600mA
    • 充電のIFはUSB Type-C
  • オートで動作
    • 指定圧力になると自動でストップ
    • 圧力はbar or psiで設定可能
    • 圧力計としても使える
  • 十分な容量
    • フル充電で充填可能な容量は、
      • 自転車用タイヤだと9本
      • 普通自動車タイヤだと6本
      • バイク用タイヤだと7本
      • サッカーボールだと44個
  • 対応圧力レンジ
    • 0.2 ~ 10.3bar
    • 3 ~ 150psi
    • 20 ~ 1030kpa

動作テスト

雑感

  • 普通に使える
  • バルブとの接続はねじ込み式なので、着脱でちょっと空気が漏れがち
  • barだと0.1単位なので、それより小さい単位で調整したい場合はpsiで設定
    • ex.) デイトナのフロントタイヤ規定圧力は2.35bar ≒ 34psi
  • bar or psiで圧力を設定してスタートで自動で設定圧力になる
    • 圧力は数パターンプリセットしておける

今はMakuakeで買えるようです

www.makuake.com

クニペックス (KNIPEX) プライヤーレンチを買った

最近車載用の工具を整えようと色々探していて、いい工具を見つけた

KNIPEX プレイヤーレンチ

ドイツの工具メーカーKNIPEX(クニペックス)社のプライヤーレンチ

今回は車載用途なので最もコンパクトな125mmをポチった

写真

f:id:modal_soul:20200913134104j:plain

並べているのは、KTCのコンビネーションラチェットレンチ首振りタイプ 10mm

ほぼ同じサイズ

使い方

ハンドルを握るとアゴが閉まり、ボルト・ナットをしっかり掴み、締め付けが可能。

詳しい使い方は動画で見たほうがわかりやすい


KNIPEX Pliers Wrench

特徴

幅広いサイズに対応可能

アゴの開きを調整することで、かなり幅広いボルト・ナットサイズに対応可能

f:id:modal_soul:20200825085211j:plainf:id:modal_soul:20200825085441j:plain

最大に開いた状態

f:id:modal_soul:20200913134140j:plain

仕様上最大23mmまで対応するらしい

車載で使うことを考えると、1つで複数のボルト・ナットに対応できるのは、かなり高得点

ガタつきがない

モンキーレンチもこのプレイヤーレンチと同じく幅広いサイズに対応できるんですが、

構造上どうしてもタツが出てしまう

このプレイヤーレンチはヒンジボルトが確実にかみ合うので、調整のずれがでない

ハンドルに加えた10倍の力がアゴに加わり強い保持力を発揮するので、ガタつきなし

調整が簡単

特殊なウォームギアを採用してガタつきのないモンキーレンチもでたんですが、

このプレイヤーレンチは、プッシュボタンによりウォームギアよりも素早くアゴ幅を調節できる

掴む・放す操作が早い

ハンドル操作でアゴが開閉できるので、ボルト・ナットを素早く掴む・放すことができる

ラチェットレンチのように素早く操作できる


サイズ展開も150mm, 180mm, 250mm, 300mm, 400mmと多種多様

多少値は張るけども、使い勝手もよく、精度もいいのでオススメです

その他候補

フジ矢 パワーモンキープライヤー

国内メーカーのフジ矢からも同じような機構を持つ工具が製造されているけど、263mmの1サイズ展開だった

最初にこちらを見つけたんですが、車載用サイズを探してプレイヤーレンチにたどり着いた

車載じゃない工具セット用に加えてもいいかも

アトマンAT50 プライヤーレンチ

どうやらKNIPEXのコピー品らしい

こちらも250mmの1サイズ

北海道でセロー225に乗ってきた〜1日目〜

北海道旅行のレンタルバイクツーリング、その3

その1、その2はこちら

modalsoul.hatenablog.jp

modalsoul.hatenablog.jp

今回借りたのはこちら

ヤマハ セロー225

f:id:modal_soul:20201024104718j:plain

言わずとしれたヤマハのロングセラーオフロードバイク

2005年にフルモデルチェンジで250ccになり、今回借りたのはそれ以前の225ccモデル

生産終了したモデルでなかなか乗れる機会もないので借りてみた

ルート

帯広のレンタルバイクショップを出発し、ツーリングマップルを駆使して、十勝川の上流方面の林道を探索する

ツーリングマップル 北海道

ツーリングマップル 北海道

  • 発売日: 2020/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

パンケニコロベツ林道から奥十勝峠を越え、シートカチ林道で道道718に抜ける予定

ラーメンの寳龍 清水店

十勝清水で昼食

f:id:modal_soul:20201024114529j:plain

札幌にある寳龍総本店が臨時休業だったので、ここでリベンジ

パンケニコロベツ林道

十勝川の支流の一つ、パンケニコロ川沿いに伸びる林道

林道入口は、ツーリングマップル2020北海道の25 K2のあたり

f:id:modal_soul:20201024130700j:plain

f:id:modal_soul:20201024131009j:plain

f:id:modal_soul:20201024131004j:plain

狩猟期間中の狩猟可能区域に関する警告があった

f:id:modal_soul:20201024131029j:plain

林道入口。↑の左側の切り株から右手の切り株にリスが走っていくのが見えた

パンケニコロベツ林道・栄川岩松連絡林道分岐点

パンケニコロベツ林道と栄川岩松連絡林道の分岐点

ツーリングマップル33 I5のあたり

パンケニコロベツ林道は、いくつも橋があり、川と交差しながら進む林道はめっちゃ気持ち良かった

f:id:modal_soul:20201024140933j:plain

このままパンケニコロ川沿いを進んで奥十勝峠に抜ける予定だったけど、パンケニコロベツ林道は通行止め

↑の写真左側がパンケニコロベツ林道

右手の栄川岩松連絡林道は行けそうだったので、こちらから奥十勝峠を目指してみる

栄川岩松連絡林道

f:id:modal_soul:20201024134043j:plain

ここまでは川沿いの比較的平坦な道だったけど、栄川岩松連絡林道は急勾配をぐんぐん登っていく道で、うねうねしながら一気に山肌を駆け上がっていく

f:id:modal_soul:20201024134759j:plain

分岐から1.4kmほど進んだところで通行止め、残念ながらここで折り返し

写真

f:id:modal_soul:20201024130639j:plainf:id:modal_soul:20201024143440j:plainf:id:modal_soul:20201024144914j:plain
f:id:modal_soul:20201024143456j:plainf:id:modal_soul:20201024144359j:plainf:id:modal_soul:20201024144932j:plain

f:id:modal_soul:20201024145934j:plain

くったり湖

f:id:modal_soul:20201024151605j:plain

林道から道道に戻ったところで15時過ぎ。この時点でしっかり寒かったので、帯広市内に戻ることにした

雑感

この日の林道は往復37km

全体的に走りやすいダートだったし、川沿いは景観もよくて楽しかったですね

でも、、自然が雄大すぎて、脇道から動物が飛び出してくるんじゃないかと、ちょっとビクビクもしながら走ってた

念の為、キャリアに積んだバッグにホームセンターで買った熊鈴は装備しておいた

今度は狩猟期間を避けて、もっと温かい時期にリベンジしたいですね


2日目につづく