modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675のクーラント交換手順

これはなに?

トライアンフ デイトナ675 2009年式のサービスマニュアルを適当に翻訳し、実際のクーラント交換作業の記録を交えて編集したものです。 元のサービスマニュアルが英語だったので、簡易な意訳になってます。(誤解、読み違えが含まれる可能性もあるので、正確を期す場合は原本を参照してください)

事前準備

クーラントの処分方法について

今回は、凝固剤を使った処分方法を採用。

modalsoul.hatenablog.jp

道具

LLC(不凍液)

デイトナ675のクーラント液容量は2.4L

受け皿

クーラント液全量(2.4L)以上の容量必須。

↓の5Lのものを使ったけど、排出したクーラントをいれたら結構たぷたぷになった。それと、幅はもっと広いほうが使いやすいと思う

エーモン オイル受皿 5L 1600

エーモン オイル受皿 5L 1600

ドレンパッキン M6

もとからついていたものは銅製パッキンだった

(STRAIGHT/ストレート) 銅ワッシャー 10ピース M6 19-91406

(STRAIGHT/ストレート) 銅ワッシャー 10ピース M6 19-91406

凝固剤

トルクレンチ

クーラント交換作業で必要な計測範囲は1.5N~9N

KTC ( 京都機械工具 ) デジラチェ 【9.5sq】 小トルクタイプ GEK030-C3A

KTC ( 京都機械工具 ) デジラチェ 【9.5sq】 小トルクタイプ GEK030-C3A

作業手順

注意事項

エンジンが熱を持った状態では、絶対にラジエーターキャップを外さないこと。エンジンが熱を持っている場合、ラジエーター内のクーラントは加圧され熱せられています。加圧されたクーラントに触れると火傷します

クーラント液の排出

  1. サイドスタンドで停める
  2. ライダーシートを外す
  3. バッテリーの接続を外す(黒ケーブルから先に外す!
  4. カウルを外す
  5. ラジエーター上部のラジエーターキャップを外す

  6. クーラント液の受け皿を置く

  7. ラジエーターのボトムホースのクリップを緩めて、ホースを外し、クーラント液を排出する

  8. 熱交換器の隣にあるクーラント排出管にあるドレンボルトを外し、クーラント液を排出する。ドレンボルトに付いたワッシャーを取り除く

クーラント液を充填する

  1. 新しいワッシャーをつけて、クーラント排出管にドレンボルトを差し込み、9Nmで締め付ける

  2. ボトムホースを取り付けて、クリップを2Nmで締める

  3. ラジエーター左手のブリードスクリューを取り外す

  4. ラジエータターが満タンになるまで、混合したクーラント液をラジエーターの充填口から入れる。 正しくクーラントが充填されていれば、ブリードスクリューの口とフィラーの開口部からクーラントを確認できます

  5. フィラー側の開口部からクーラントの液面が確認でき、ブリードスクリュー側から液面を確認できない場合、ブリードスクリューコックにチューブを取り付けクーラントを吸い上げて、ブリードスクリュー側に注ぎます。

    注意:クーラントの吸い上げには、手動のバキュームポンプかそれに準じた機器を使いましょう

  6. 必要であれば、フィラーからクーラント液を充填し、ラジエーターキャップを取り付ける

  7. ブリードスクリューを取り付け、1.5Nmで締め付ける
  8. ラジエーターキャップを取り付ける
  9. 補助してもらいつつ、バイクを左右に傾け、冷却装置に溜まった空気を抜く
  10. バッテリーをつなぐ(赤ケーブルを先に
  11. エンジンをかけ、空気を排出するために数回エンジンを吹かす
  12. 冷却ファンが作動するまでエンジンを動かす
  13. エンジン停止し、エンジンを冷ます
  14. クーラントのゲージを確認し、必要なら補充する
  15. ラジエーターキャップをつける
  16. リザーバータンクのゲージを確認し、必要なら補充する
  17. ライダーシートをつける
  18. カウルをつける