modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675のECMコネクタの取り外し・取り付け手順

これはなに?

トライアンフ デイトナ675 2009年式のサービスマニュアルを適当に翻訳し、ECMコネクタの取り外し・取り付け作業の記録を交えて編集したものです。 元のサービスマニュアルが英語だったので、簡易な意訳になってます。(誤解、読み違えが含まれる可能性もあるので、正確を期す場合は原本を参照してください)

作業手順

取り外し

※ 注意

確実に正しく接続するために、2つの異なる色と形状のコネクタがECMで使用されています。 ECMのコネクタは黒色と灰色で色分けされており、メインハーネスの同じ色のコネクタに対応しています。

⚠ 注意

コネクタを取り外すときは、ケーブルを直接引っ張らないでください。ケーブルやコネクタが破損する可能性があります。

⚠ 注意

イグニッションスイッチが「ON」の位置にあるときは、ECMを切断しないでください。これにより、複数の障害コードがECMメモリに記録される可能性があります。 必ずバッテリー負(黒)のリード線を外した後、必ずECMの接続を外してください。

  1. イグニッションを「OFF」の位置にして、ECMがパワーダウンシーケンスを完了するまで少なくとも1分間待ちます。
  2. ロック機構を押し下げ、コネクターを静かに引き抜きECMから取り外します。 f:id:modal_soul:20180428020026p:plain

※ 注意

ECMはエアボックスの上部にある燃料タンクの下にあります。

取り付け

※ 注意

確実に正しく接続するために、2つの異なる色と形状のコネクタがECMで使用されています。 ECMのコネクタは黒色と灰色で色分けされており、メインハーネスの同じ色のコネクタに対応しています。

⚠ 注意

コネクタを誤って装着しようとすると、コネクタのピンが損傷することがあります。

f:id:modal_soul:20180428020516p:plain

  1. 1つ目のコネクタをソケットに取り付け、コネクタをロック装置がカチっとなるまでECMに挿入します。
  2. 2つ目のコネクタも同じく取り付ける。