modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

デイトナ675のエキゾーストマニホールド割れの症状・原因・修理・対策 #Daytona675

症状

  • エンジン音に異音が交じる

報告事例(前期型)


Daytona 675 clicking/tapping noise

年式の記載はないけど、フロントカウルから前期型と思われる

報告事例(後期型)


2009 Triumph Daytona 675 Crack in Exhaust Manifold


Exhaust leak

年式の記載はないけど、3本のヘッダーパイプを繋ぐ鉄棒が見えるので後期型と思われる

類似事例

異音がするのは同じだけど、音質がことなる

カムチェーンの不具合、らしい

www.youtube.com

影響

レギュパンやコイル焼けのように、走行不能になるものではないので

原因

エキゾーストマニホールドが金属疲労で割れができる。

f:id:modal_soul:20180408225054j:plain
エキマニの割れ

多く見られるのは、ヘッダーパイプ間をつなぐパイプとの溶接箇所(ビード)に沿った割れ

モデル差

前期型、後期型ともに見られる。最終型での発症は不明。

修理

応急処置

シール剤

Holts(ホルツ) ファイアガム MH705

Holts(ホルツ) ファイアガム MH705

割れをシール剤で塞ぐ。熱・振動が強い場所なので、耐久性は不明

恒久処置

溶接

modalsoul.hatenablog.jp

割れを溶接で塞ぐ

バンテージ

割れた箇所をバンテージで塞ぐ

対策

不明

急激な温度変化を避ける(洗車時に、エキマニが冷えるまで水をかけない)

デイトナ675のコンロッド折れの症状・原因・修理・対策 #Daytona675

Twitter経由で事例を教えてもらったので書いておく

症状

  • エンジン音が2気筒っぽい
  • エンジン不動

報告事例(後期型)

原因

カムチェーンテンショナーの動作不良による、コンロッドの折れ

モデル差

不明

修理

応急処置

不可?

恒久処置

  • コンロッド交換?
  • エンジン載せ替え?

対策

  • カムチェーンテンショナーの調整
  • カムチェーンテンショナーの交換
  • 定期的なオイル交換

オイル管理をマメにしないと比較的短期間にてカムチェーンが伸びてしまう、らしい1

参考

(7ヶ月ぶり2度目)デイトナ675のエキゾーストマニホールドにクラックができた

f:id:modal_soul:20180417014754p:plain

去年の8月にクラックが見つかり、10月に修理が完了したエキマニ

modalsoul.hatenablog.jp

前回、箱根ツーリングに行った時にエキマニを覗いてみたら、見つけてしまった。。

f:id:modal_soul:20180408225054j:plain

↑の赤丸の部分、中央のヘッダーパイプ左側面、中央と左端とをつなぐパイプの溶接箇所に割れが見られる

ここは前回溶接で修理したところとは別の箇所のようだ

modalsoul.hatenablog.jp

ラジエーターとカウルに隠れた部分にもクラックができている可能性もある

最近エンジン音の音質が変わった感じがしてたから、もしかして・・と思ったら、案の定だった、きっつー


前回と同様、溶接で治すか?と思ったけど、今回は交換することにした

理由はいくつかあって

耐久性の問題

今回も溶接修理で対応できたとしても、溶接したことで他の溶接箇所に負荷がかかり、また新たなクラックを発生させる可能性がある。

修理する度に、フロントカウル以外の全カウル外し、排気系・冷却系のオーバーホールが必要になるし、溶接には(前回の実費で)¥10,000もかかるので、修理のイタチごっこは避けたい。

修理の確実性の問題

前回は溶接で修理できたけど、今回も修理できるとは限らない。

デイトナのエキマニは(軽量化のために?)一般的なエキマニよりも薄く作られていて、溶接修理の難易度が高い。

その上、3本のヘッダーパイプがそれぞれ独立していて、かつ、パイプエンドの形状が楕円形なので、溶接することでヘッダーパイプ間の距離・パイプエンドの角度にズレが生じると、取り付けできなくなってしまう。

以上を踏まえ、パーツ交換で対応することにした


パッキンのときと同じく純正パーツを個人輸入しようかと思ったけど、そうすると

金額
エキマニ £542.46
送料 約£80
合計 £622.46

だいたい9.6万円(関税別) うーん、、

ヤフオクで探してみても、割れ有りのものと、割れの有無が判断つかないものしかなかった。。。

結局、ebayで程度の良さそうなのが見つかったので、ついさっきポチった

4/25~30に届くらしいので、GW前半に交換できるかな〜

富津で林間キャンプしてきた

4月最初の週末、ツーリングメンバーがようやくテントを手に入れたのでキャンプしてきた

今回は千葉の林間キャンプ場だ

前日

キャンプ前日の4/6、強風のためアクアライン通行止めになってしまった。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180407/k10011394041000.htmlwww3.nhk.or.jp

当日早朝なんとか通行止めも解除(でも速度規制はアリ)されたので、決行

ちなみに、だいたい風速20m/s以上で風向きによっては通行止め、25m/sほぼ間違いなく通行止めになるようだ

当日

いつも通り海ほたるパーキングエリア集合だったけど依然として風は強く、また通行止めになる可能性があったので、各自の判断で現地集合に変更

風の影響を考慮して、今回はKLXではなくデイトナでGO

デイトナへのキャンプ道具の積載に手間取って1時間くらい?遅れをとってしまった。。

アクアライン

浮島ICからアクアラインに乗り東京側のトンネルを抜け、海上にでたら想像を絶する強風、もとい暴風

アクアライン掲示板に表示された風速は21m/s

風は主に南側(追い越し車線側)から走行車線方向に吹いていて、凄まじい力で横に流され、あっという間に路肩に追いやられた

なんとか耐えようと、タンクを抱え込むように上体を伏せ、ギアを落とし回転数を上げる(ジャイロ効果で安定するらしい

それでも車体は安定せず、強い南風と時折北側から吹き返す風で左右に振られ、走行車線をフラフラになりながら走る

「あ、これは無理なやつだ、、」

と悟ってしまったけど、高速だから引き返せないし、停まることもできない。。

転倒するときは、後続車に轢かれないようになるだけ路肩に、、なんてことを考えていたら、追い越し車線にマイクロバスが並んで木更津金田ICまで並走してくれた

お陰で転倒せずにアクアラインを突破することができた、バスの運ちゃん、ありがとう!!

バスに恩返ししにいかなきゃ


木更津金田ICで下車してから、コンビニ休憩と給油をして、キャンプ場へ向かう

富津公園キャンプ場

今回のキャンプ場は、富津岬にある富津公園キャンプ場

富津公園キャンプ場 | 富津市

入場料¥500+テント1張¥500、合わせて¥1,000なり

こんな感じの、松林の中の林間キャンプ場

松に囲まれた林間キャンプ場だけど、風がそこそこ強かったので、ガイロープとソリッドステークでしっかり固定

貸してもらったソリッドステークは手持ちのものより大きいサイズで、安定感がさらにマシマシ

テントを張り終わったら、近くのイオンへ買い出しにでかける

富津岬

イオンで買い出ししたあと、折角なので夕日の富津岬を見に行く

強風で波も荒れてる

謎の建造物のてっぺんで、ひとしきりスムース・クリミナルごっこを楽しんだら、キャンプ場に戻る

焚火!

キャンプ場に戻ったら、焚火の開始だ!

今回は、新しい焚き火台を使う

松林なので、いたるところに落ちてる松ぼっくりを着火剤にする

松ぼっくり

これはマッチ一本で火がつく自然の優秀な着火剤だ」

ブロックベーコンを串刺ししてワイルドに直火焼き

こんがり焼けたら、串と串の間をナイフで切り分ける、旨い

後半、もう一個のメッシュ焚き火台をメインにして、こっちの焚き火台はスルメ炙り専用火鉢化

途中、パラパラと雨が降ってきたので、釜戸のある屋根の下へ移動

祭壇っぽくなった焚き火台

十分焚火を堪能したら就寝

翌朝

残った薪を燃やしつつ、コーヒーで朝食

10時チェックアウトなので、テントを撤収

チェックアウトしたら、アクアライン経由で帰宅組や浜金谷からフェリーで帰宅組etc..に分かれて解散


アクアラインの風はひどかったけど、林間キャンプ場は良かった

次はふもとっぱらみたいな草地の広いキャンプでやりたいなー

箱根ツーリングしてきた

桜が見頃らしいので、箱根ツーリングしてきた

海老名SA

いつも通り海老名SAに集合

10時集合の予定が、春の行楽客(と、それによる事故。。)に巻き込まれ30分ほど遅刻

5人の予定が、前日の深酒?がたたり2名脱落(うち1名音信不通)の3名で出発

ターンパイクから大観山経由で湯河原に降り昼飯のつもりだったけど、あとから合流組との時間調整のために、御殿場から長尾峠経由して大観山に向かうことに

乙女駐車場

国道138号とぶつかる県道401号の入り口にある乙女駐車場で1回休憩

天気もよくて、後ろに小さく富士山が見える

ここから県道401号を登り、芦ノ湖を見渡せる長尾峠のトンネル出口のビューポイントまで進む

県道401号 長尾峠

天気もいいから同じようにツーリングに来たバイクも見かけたけど、思ったほど多くはなかった

今回もカメラをリアマウントして撮影、およそ4分に凝縮したのがこちら

www.youtube.com

連続したカーブと勾配をグイグイ登っていく感じの道は、やっぱり気持ちいい

長尾峠トンネル 芦ノ湖側出口

あまりいいアングルじゃないけど、こんな感じに芦ノ湖が見通せる

もうちょっとちゃんと写真撮っときゃよかった。。

ここからは、県道736号を下り箱根裏街道から仙石原を抜け、県道75号を進み、アネスト岩田ターンパイクラウンジ駐車場へ向かう

アネスト岩田ターンパイクラウンジ

駐車場は、車とバイクで賑わってた

バイクを停めた場所の隣にいたグループは、全員ホンダ ゴールドウィング↓の集団で、めちゃくちゃイカつかった

昼飯の場所を決め、合流組に連絡したら、ここから椿ラインを下っていく

椿ライン

ここでもリアマウント撮影

www.youtube.com

湯河原に降りたら給油し、真鶴半島中ほどにある店を目指す

丸入水産

当初予定は別の店だったんだけど、14時に閉まってしまったので、こちらに変更

ネコがたくさん

遅れてきたメンバーとも合流し、入店

メニューはどれも若干高めで、(下から2番目に安い)¥2300の刺し身定食を注文したら、、

鯛?の活き造り

旨い

鮃の活き造り

旨い

金目鯛(一人一匹)

とろける旨さ

鰤と鯛2種類

旨い

最後は、リクエストした烏賊と何か2種類

と、活き造りのラッシュ!!しかも、量もすごいww

厨房のおっちゃんがその日の気分で捌いてくれてるっぽい

おっちゃん、バイクが気に入ったらしくだいぶサービスしてもらった気がww

最初は高いなと思ってたけど、これで¥2300は安すぎると思う

思いがけずアタリの店を引き当てた!リピート必須

椿ラインからターンパイク

昼飯のあとは、来た道を戻り椿ラインを登って、ターンパイクラウンジでトイレ休憩。

後、ターンパイクを下り、ツーリングの〆に温泉へ向かう

天山湯治郷 ひがな湯治 天山

ここに来るのは2回目

入館料は、大人 1,300円(入湯税・消費税込)とやや高め

その代わり、屋根付きの半露天風呂と露天、蒸し風呂、水風呂(露天)と開放感あるし、設備は十分

お湯は熱めなので注意

満月と桜、最後にそれっぽい写真が撮れたw

帰路

温泉を出てから、小田原厚木道路東名高速 海老名SAまでの道のりを、5秒刻みのタイムラプスで撮影してみた

43kmの道のりをおよそ18秒に凝縮

今回もいいツーリングだった

ヘルメットのフィッティングにインナーパッド(ライナー)を付けた

前回のヘルメットインプレ記事でちょっと触れたんだけど、

modalsoul.hatenablog.jp

フィッティングの改善にインナーを取り付けてみた

今回使ったのはこれ

実物

パッケージ正面

パッケージ背面

イタリア製

いかにも海外製らしく梱包が雑で、パッケージ開けるときに絶妙に飛び出たホチキス針で、指を切った。。痛ぇ。。orz

本体表面

本体裏面 わかりずらいけど、上下にマジックテープ(面ファスナー)のフック面が着いてる

横から見た図

厚みは数ミリ。思ったより薄い

取付

取り付けは、ヘルメットの内側に貼り付けるだけ。5秒で完了

ヘルメット真下から見た図。見やすいようチンガードは外してある

ヘルメット正面から見た図

雑感

往復250kmくらいのツーリングで使用しての感想

思ったより薄かったので効果でるか心配だったけど、フィッティングは上々

ヘルメットの額のラインがやや上がり、上体を伏せた状態での前方の視界が改善された

それでいて、窮屈さは感じなかったので、ちょうどよい厚みなんだと思う

固定が2箇所のマジックテープだけなので、着脱時に剥がれないか気になったけど、1回も剥がれることはなかった

あとは、夏場になったときに蒸れや熱の篭り具合がどうなるか、が気になるところかな

今のところは問題なし、いい買い物だったと思う

奥多摩林道巡り(入間白岩線、麦山線、峰谷線、奥沢線)

f:id:modal_soul:20180403011418p:plain

先週末、奥多摩へ林道ツーリングに行ってきた

ルート案

林道はGoogleマップのナビでルート確認できないからやっかい。フリーハンドで書き込み

f:id:modal_soul:20180330234617j:plain

いつも奥多摩方面へ行くときに起点にしている、上野原のコンビニをスタートして

神戸岩を目指し、県道・都道33号->都道205号を進む

神戸岩から鋸山林道へ入り(地図:青ルート)、支線の井戸入線を経由し(地図:黄色ルート)、国道411号へ抜ける

国道411号を下り、峰谷橋手前から川沿いに北上

峰谷線(地図:赤ルート)を往復

余力があれば、麦山線(地図:緑ルート)を経由して国道411号

上野原から神戸岩

中央道の上野原ICからデイリーヤマザキで集合。昼飯を買い、出発

県道18号にぶつかる手前のガソリンスタンドで給油。ここって前からセルフだったっけ?

県道33号から都道205号、秋川沿いを登り、橋の手前の脇道を入っていく。

観光客向け?のトイレの小屋を通り過ぎ、狭く荒々しいトンネルを抜けると、鋸山林道の入り口に到着

鋸山林道

道路陥没のため、通行止めでした。。。orz

このまま来た道を戻るのも面白くないので、別の林道で奥多摩湖方面に抜けられるないか探す。

しかし、電波が入らずGoogleMapは無能。。こんな時のために持ってきたツーリングマップル関東甲信越版!

ツーリングマップル 関東甲信越

ツーリングマップル 関東甲信越

は、まさかの荷物に入れ忘れ。かろうじてローカルマップアプリ入れてたのを思い出し、探してみると

都道205号から都道206号へ抜ける、林道入間白岩線を発見

貴布弥神社を目印に入間白岩線へ向かう

林道入間白岩線

前回来たときは雪が積もってたけど、今回は問題なし

modalsoul.hatenablog.jp

後半の舗装部分、オレンジのベストを着た猟友会?の方々が多数

youtu.be

都道206号に出て、檜原都民の森駐車場へ向かう

奥多摩周遊道路

駐車場脇にまだ雪が残ってるくらいには寒かった

都民の森駐車場でトイレ休憩し、奥多摩周遊道路を進む

国道139号にぶつかったら右折し、国道411号

2つ目のトンネルを抜けてすぐ、峰谷橋手前から麦山線へ入る

林道麦山線

写真だと伝わりづらいけど、すごい勾配!!

youtu.be

停まったら死ぬっていう緊張感とともに、急斜面を1速でグイグイ登ってく

木々の間の道は、枝打ちされた枝が道に散乱して、ガレた路面とあいまって滑るww

昼飯

麦山線をだいたい登りきったとろの開けたスペースでお湯沸かして飯にする

外で食べる飯は旨さ3割増!!こういうどこでも飯食えちゃう感じとてもよい

飯を済ませたら、麦山線を進む

林道を抜け川沿いの道に出たら、西へ進み峰谷林道を目指す

林道峰谷線

f:id:modal_soul:20180403011530j:plain

林道への案内板

熊出没!

youtu.be

峰谷線は通り抜けできないので、奥まで進んだら戻る

ちなみに、峰谷線の途中から坊主線にも行けるらしいけど、今回はスルー

川沿いの道に戻ってから、更に奥に進み奥沢線へ行ってみることに

林道奥沢線

カメラを起動してたはずだったのに、なんでか撮れてなかったので映像なし。。

こんな感じの行き止まり

だれかがアクセルターンしたような跡がある

奥沢線は序盤は舗装林道、山を登ってくると↑のような未舗装路になる

温泉に入って〆るために移動

都道45号から梅ノ木峠を越え、都道184号に抜けられそうなルートを発見

本日のラスト林道すべく国道411号を東へ進む

林道大入線

入り口に到着し、このルートが林道入谷線というらしいのはわかったんでけど、、

残念、通行止め。。。

空気圧を戻す

通行止めはしかたないので、都道45号->238->251->184号経由で温泉へ向かうことに

ここからはオンロードなのでここでタイヤの空気圧を戻す

前回、デイトナでも使った持ち運び用空気入れを持ってきていたんだけど、

↓の電動の空気入れを借してもらった

詳しくはこちら

assaulter.hatenablog.com

空気圧を指定して、バルブに取り付け、スイッチON

150kPaに指定して空気を入れたあと、念のためエアゲージで確認すると

スゲーwwこれは楽!

携帯用空気入れだと10kPa入れるのに40Pushするので、前後とも500kPaずつ落とすとすると元の空気圧に戻すのに4000Push。腕パンパンになるな

これはちょっと欲しいっすねぇ

空気圧を戻したら、温泉へ向かう

つるつる温泉

最近、奥多摩方面でよく行く温泉

大人820円

温泉で整ったら、帰路につく

洗車

その日の汚れはその日のうちに

高圧洗浄で泥汚れを一掃

林道を堪能した1日だった、満足