modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

キャンプ用の鉈のケースを自作する

f:id:modal_soul:20170923004555p:plain

前回、陣馬形山キャンプに行ったとき、薪割りしたくて買った鉈

modalsoul.hatenablog.jp

布製?のケースが付属してるけど、簡易な作りになってるので、ケースを自作した

D・I・Y!D・I・Y!


今回作るケースは、シンプルに木の板を2枚重ねたやつにする。板の内側を鉈の形状に合わせて削って、刃を収める。

板を3枚重ねにしたほうが加工が楽だけど、あまり厚みのあるケースにしたくなかったのでこの方法を採用。

切り出し

ケース本体の板を用意

厚さ6mm、幅6cmの板を用意。長さ20cmの板2枚にカットする。

工具箱を漁ったら、プラモ用のタミヤカッターのこしかなかった。。まぁ切れるっしょー

はい、ズレました。あとで調整するんで気にせず進む

とりあえず2枚準備完了

半径6mmの半月状の棒材も用意し、20cmを2本と、6cmを1本に切りわける。写真は撮り忘れた。

さすがにカッターのこは辛かったから、100均でホビーノコを購入。

口金部分のくぼみ

鉈の柄の根本、口金部分もケースに収めるようにする。

こんな感じ

両端はノコギリで切り込みを入れて、間はドリルで穴を空けて、ノコで切ってつなげる。

刃を収めるスペースを彫る

鉈を板にのせて、鉛筆で適当に下書き

あとは、ひたすら彫る

彫り終わった板を合わせた断面はこんな感じ

ものすごい量削りカスがでる。焚き火に焚べればよく燃えそうだな!

ちなみに、彫刻刀は100均のやつを使ったけど、しばらく使ったら刃がポロって取れるwwもうちょっとまともなの用意すりゃよかった。

仮組み

輪ゴムで仮組してみる

お、良さげ

釘打ち

板が6mm厚なので、10mmの釘を使う。ほんとはもうちょっと小さいのが欲しかったけど、これが最小?

ビーバー(BEAVER) ユニクロ平頭小鋲 #18×10mm 1F030

側面の釘の取り付け

板の合わせ目を覆う棒材を付けるために刺す釘の釘穴を彫る。

ちょっと言語化難しいんで、画像でどうぞ

板を合わせるとこんな感じ

ベルトひっかける出っ張り

ケース背面に、ベルトを引っ掛けるための棒材をとり付ける。

棒材の接着面にボンドを塗って、ケース内側から釘を打つ。

釘を刺したところから木が割れることがあるので、慎重に打ち込もう

全パーツ結合!

棒材固定用の釘と、接着面にはボンドを塗る

板を重ねて釘を打って、側面にも棒材を打ち付ける

輪ゴムで固定しつつ、ボンドが乾くまで放置

形を整える

ボンドが乾いたら、サンドペーパー#120, #180, #320を使って、長さが不揃いなところや、継ぎ合わせ箇所の凹凸を均す。

ニス塗り

ニスはスプレー式のウレタンニスを使用。

まず、全体を#320で磨く

割り箸を刺して持ち手にして、スプレー噴射。乾くまで2~3時間待つ。

1回目。これを#320のヤスリで磨いてから2回目を吹く

2回目。なんか微妙な色合い。。大丈夫か?ともあれつぎは#400のヤスリで磨いてから3回目

3回目の後、#1000で磨いてから4回目、乾いたらそのまま5回目。。

だいぶ色がのってきたな。#2000で軽く磨いて6,7回目。。。

どやさ!!

鉈を入れるとこんな感じ。いいんじゃないすかね?

外装

ケースにしまった状態の鉈を、腰のとこに装着できるように、ベルトを巻きつける。

一本線送り(移動カン)を使って、ベルト1周目でケースを固定

これに面ファスナー付きのベルトループを取り付ける。

SK11 ベルトループ ベルクロ 2本組 SB-L1

SK11 ベルトループ ベルクロ 2本組 SB-L1

ベルト2周目にはリリースバックルをつける

もう一個のベルトループをつなげて、ベルトに通せば腰にさげられる

ちなみに、2周目のベルトには、Gサカイのケースについてるベルトクリップを通すことで

こんなふうに鉈とナイフを同時に腰にさげられる

鉈の飛び出し防止もつかたかったけど、いいアイディアが浮かばないので、とりあえずこれで完成!

はやく実践投入したいぜー!!

KLX250のガソリンタンクキーにキーキーパーをつけた

小ネタです

KLX250は、燃料タンクが社外ビッグタンクに換装されている。

純正比1.48倍の11.4Lの燃料を積み、前回の燃費換算だと理論値400kmオーバーというツアラーかな?ってくらいの航続距離を叩き出す。

modalsoul.hatenablog.jp

そのかわり、ガソリンタンクのキーがエンジンキーとは別なので、キーを2本束にしている。束の状態でエンジンキーをキーシリンダーに差し込むと、ガソリンタンクキーがトップブリッジと擦れて傷ができるし、走行中に金属摩擦音がしてちょっとうれしくない

という訳で、こうだ!

どジャアァァ〜〜〜〜ん

ガソリンタンクキーにキーキーパーをつけた

+d キー キーパー R ブラック DA-1000-BK

+d キー キーパー R ブラック DA-1000-BK

一応、Kawasakiおじさんなのでグリーンを選択

ちなみに、ガソリンタンクキーを使うときは、こんな感じ↓で出す

グニョーーン

思ったより素材のシリコンが柔らかくて、キーの出し入れは簡単。リングを通す穴はそれほど大きくないので、キーの形状によっては穴の位置が合わないかも

キーの握る部分が厚いものははまらないので、バイクのキーには使えなさそう

これをつけてから、走行時の金属摩擦音も減ったので満足

同じようにバイクの鍵を束ねていて、傷や金属音が気になる人は使うとちょっとしあわせになれるかもね

日焼けで変色した樹脂・プラスチックパーツの色を元に戻した

f:id:modal_soul:20170920125131p:plain

デイトナのウィンカーが日焼けして、白っぽく変色してしまったので、DIYで元の黒に戻してみた。

樹脂パーツなんて細かいところ、いちいち気にしても意味がないと思うかい?

神は細部に宿る

神懸かり的にカッコいいデイトナ675の細部は、やはりかっこよくあるべきだと思うんですよ。


日焼けで変色してしまったパーツがこちら

これ、変色したといっても樹脂全体の色が変わってしまった訳ではなく、変色しているのは日光が当たったごく薄い表面だけだったりします。

こんなイメージ↓

f:id:modal_soul:20170920115301j:plain

なので、変色した部分を削り落とすことで、地の色に戻すことができます。

※ 表面にコーティングがされていたり、シボ加工のような表面加工がされているパーツには向きません。作業は自己責任で!

変色した樹脂を削り落とす

サンドペーパーで変色した樹脂を薄く削り落とします。

荒い番手で磨くと削り過ぎたり傷になるので、はじめは#1000くらいがオススメ。素材の柔らかさによっては#1000でも削れすぎてしまうので、最初に目立たないところで試して番手を調節しましょう。

磨くときは、サンドペーパーを1方向に動かす。そして削り過ぎは禁物。削った分、薄く脆くなります。慎重に少しずつやりましょう

一般的なサンドペーパーよりも、プラモ用のスポンジシートが扱いやすいのでオススメ

多少割高にはなりますが、パフォーマンスは抜群!

ある程度面積のある凹凸のない平らな面であれば、サンドペーパーと当て木を使うと均一に効率よくできます

すると、こんな感じになります

傷消し

変色した樹脂は落としきったので、つぎは表面を均していきます。#1000でついた磨き傷を消すイメージで、力を入れすぎないように磨く

今回は#2000を使用。このときの番手も素材やパーツの状態を見て適宜選んでください。

仕上げ

さらに細かい磨き傷を消す。この辺りから艶が出てくるので、パーツの素材や質感によってはやり過ぎないほうがよいかも。どこまでやるかは個人の判断でどうぞ

私は#4000の研磨フィルムを使用

ホムセン箱のカスタムで余ったスポンジシートの上に研磨フィルムを敷いて、包丁を研ぐような感じで磨く

WAKI PEスポンジシート 5X300×300mm

WAKI PEスポンジシート 5X300×300mm

フィルムで磨いた後、軽くクロスで拭きあげると、、

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.90 ・コンパウンド用クロス (3色セット) 87090

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.90 ・コンパウンド用クロス (3色セット) 87090

こんな感じ

表面保護

紫外線による樹脂の劣化予防と艶出しのためにクレポリメイトを付けて拭きあげます。樹脂のつや出し・保護剤はいろいろあるけど、このクレポリメイトが一押し。もう大学の時から10年以上使ってる。

これで作業は完了!

Before&After

どのくらい効果がでたか比較

  • 左:まだ磨いていないウィンカー
  • 右:磨き終わったウィンカー

良い


削るという作業の性質上、何回もできる方法ではないですが、パーツ交換するよりも安価で簡単な作業なので、オススメです

これでリセールバリューも上がるかもよ!

トライアンフの純正部品を個人輸入した

f:id:modal_soul:20170913003120p:plain

これまでのあらすじ

ブレーキパッドの交換に行ったら、エキゾーストマニホールドにクラックが見つかったデイトナ

modalsoul.hatenablog.jp

修理の方向性を決め、中古のエキマニをオークションで落札するも、こっちにもクラックが見つかって『グワーッ』っとなったのが前回。

modalsoul.hatenablog.jp


エキマニの件はまだ決着が付いていないんですが、エキマニを交換するには他にも必要なものがあります。

ずばり、ガスケットです

ガスケット(英: gasket)とは、構造に気密性、液密性を持たせるために用いる固定用シール材である。 固定用シール材に対し、運動用シール材をパッキンと呼ぶ。

ガスケット - Wikipedia より

ここでもう一度、デイトナ675の排気システムの構成パーツ図を参照

http://cdn1.bikebandit-images.com/schematics/schematics/triumph/tri001/tr-0606-423.gif

エキゾーストマニホールドを交換するには、

  • No.25のヘッダーガスケット
  • No.6のエキゾーストガスケット

の交換も必要で、これらを入手しなければなりません。

汎用品が使えないかと考えもしたんですが、情報が少なすぎるので手堅く純正部品を使うことにしました。

これらのガスケットと念のための汎用液体ガスケットで、とりあえずエキマニの交換準備はOKなはず。

Permatex(パーマテックス) 高耐熱シリコンガスケット 85g 40621

Permatex(パーマテックス) 高耐熱シリコンガスケット 85g 40621

個人輸入

交換用の純正部品、ホンダやヤマハのバイクなら、イオンやファミリーマートで買えるのかもしれませんが、デイトナ675はMade in Britain。そうは行きません。

なので、イギリスからお取り寄せ!ここで登場するのがWorld of Triumph

簡単に説明すると、トライアンフ製品(部品やアパレルetc..)を取り扱っているECです。運営会社のLings Motor Groupは、イギリスの自動車販売やパーツ販売をしている会社です。

※ 以降の注文手続きは、この記事を参考にさせてもらいましたm( )m

注文

3気筒なのでヘッダーガスケットは3個1組、予備を含めて6個。エキゾーストガスケットは、エキマニ<=>エキゾーストパイプの箇所のみ交換するので予備込みで2個購入。

折角なので、ゲルシートとプリロードアジャスター、それにツーリング仲間のストツイ乗りからのオーダーでパニアを注文。

すると、オーダー確認のメールが届く

f:id:modal_soul:20170912225538p:plain
注文受付メール

注文は受け付けられたので、発送の連絡を待つ。

パニア欠品&ゲルシート在庫無しの連絡

注文した同日、World of Triumphから別のメールが届く

Hi

Thank you for your order.

unfortunately the pannier waxed is currently out of stock until 22.9.17. Also the gel seat has been made discontinued from the factory and im unable to resource this item in for you.

the gel seat would be removed from your order. Would you like me to process your order with a delay on this item?

「パニアは'17/09/22まで在庫無くて、ゲルシートは製造中止になってもうないよ。注文からゲルシートは削除さしてもらうわ。発送遅くなるけどおk?」(意訳

とのこと。パニアはいいとしても、ゲルシートどうなん!?在庫管理ガバガバかッ???

他の人の情報だと発送されて届くのが1週間くらいかかるらしいので、このペースだと10月頭になるなぁと、ちょっとがっかり。

とりあえず、「わかったから、それで進めて〜」と返信。

UPSのトラッキングナンバーが届く

メールのやり取りがあってから4日後、突然UPSのトラッキングナンバーが送られてくる。

f:id:modal_soul:20170912223537p:plain
UPSのトラッキングナンバーのお知らせ

どうやら発送されたらしい。9/22までパニアの在庫ないって言ってなかったっけ!?まぁ、早い分にはウェルカムなので気にしない。

この日から、UPSのトラッキングページを連打して、荷物をストーキングする生活がはじまる。

UPSから不在連絡が来る

荷物ストーキング生活4日目、ついに日本にやってきた。その日の午後3時頃、UPSの最初の配送があった。もちろん平日午後3時は仕事中なので受け取れず。

ここで注意なのが、UPSは初回の配達以降、2回しか再配達してくれません!

しかも、

  • 配達は平日のみ(土日・祝日は運ばない)
  • 時間は、9:00~18:00のみ
  • 初回含む3回のチャンスで受け取れないと、即送り主へ返送

という硬派っぷり。しかも、再配達の連絡をしないと、また平日昼間にやってきて2回しかないチャンスを容赦なく削られます。

サラリーマンにUPSは難しい。。。ここでとっておきの秘策を使います

UPSの再配達をヤマト運輸に変更する

ggるとすぐ見つかると思いますが、UPSヤマト運輸と業務提携していて、再配達をヤマト運輸に変更できるのです。

ヤマト運輸に変更後は、2回失敗で即返送もされないし、土日・祝日や夜間の時間指定配達もできるようになります。

UPSのサイトからヤマト運輸への変更依頼後、UPSのサービスセンターから連絡が来た

大変お世話になっております。 この度はご連絡をいただき誠にありがとうございます。

承知いたしました。お荷物を本日ヤマト運輸へ転送と、明日になりますが、9月12日火曜日、念のため19時以降指定で手配を取らせていただきます。

その他ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

UPSジャパン株式会社 お客様サービスセンター

受け取り

そして今日、荷物の受け取り完了!

費用とか日数とか

費用

今回、部品の購入にかかった費用はこちら

項目 金額
ヘッダーガスケット 6個 ¥3,789(£26.22)
エキゾーストガスケット 2個 ¥1,691(£11.7)
送料(※折半) ¥6,051(£41.87)
関税(※折半) ¥750
合計 ¥12,281

※ 1ポンド145.785133 円で計算 クレジットカードの明細を確認したところ、1ポンド144.542円換算になっていたので更新

日数

注文したのが、9/4

UPSの最初の配達があったのが9/11

ヤマト運輸の再配達で受け取ったのが9/12

なので、だいたい1週間で届いたことになります。


今回、送料¥6,104ってのがデカかったすねぇ。。

ヘッダー&エキゾーストガスケットのセットで2回交換分なので、1回分¥6,192。まぁ許容範囲内、かな。。

エキマニも一緒に買っちゃうか?とも思ったんですが、£611.96と送料込みだと10万くらいかかっちゃいそうなので、諦めました。。

とりあえず、ガスケット問題は解決したのでよしとしよう

追記 クレジットカード明細

今回の利用明細を確認した

f:id:modal_soul:20170913172809p:plain

9/4時点で、現地通貨額 £408.38が請求されている。換算レートが¥144.542なので、¥59,027。

その翌日、ゲルシートがキャンセルされたので代金の£83.13が返却されている。換算レートが¥144.618だったので、¥12,022。

レートの差額で¥6プラスになったw


KLX250の燃費 その1

f:id:modal_soul:20170906001036p:plain

先週、千葉にツーリングに行った先で、納車後2回目となる給油をしたので、燃費が算出できたので記録!

走行距離 消費燃料
234km 6.9L

なので、燃費は33.9km/L!!デイトナの7割マシマシだぜ!

走行距離の内訳は、感覚値でこんな感じ

街乗りでもメリハリつけて、しっかり加速。特に燃費を気にせずに走ってもこのくらい行くのかー

KLXくん、ビッグタンクに換装済みなのでこの燃費で満タン走行すると、理論上386km走れることになる、SUGEEE!!!

といっても、まだ計測距離も短いし、季節変わって気温も下がってくるので、楽観視は禁物。

継続して燃費を記録していくぞ

デイトナ675をDIY修理する。エキゾーストマニホールドの溶接箇所のクラック(割れ)修理 ~パーツ準備編~

これまでのあらすじ

金属疲労からか、不幸にもエキマニの溶接箇所にクラックが出来てしてしまう。

エキゾーストマニホールドに割れを負ったデイトナに対し、デイトナの主、バイクおじさんが言い渡した修理の条件とは・・・。

modalsoul.hatenablog.jp


端的に言うと、エキゾーストマニホールドの交換で対応しようと思っています。もちろん、交換作業は自分でやる予定。

D・I・Y!D・I・Y!!

この記事を書いている時点で、おおよその見通しは立っているのですが、未経験の作業、かつ、大掛かりな作業になるので、うまくいくかどうかはわかりません。

そして、長い戦いになりそうだ。。

交換対象の確認

↓は、デイトナ675の排気システムの構成パーツの図

大きく以下の3つのパーツに別けられる

  • No.1:エキゾーストマニホールド(今回故障した箇所)
  • No.2:中間パイプ
  • No.27:サイレンサー

エキゾーストマニホールドには、後方にO2センサー(No.24)やエキゾーストバルブ(No.17)が付いています。このO2センサーやエキゾーストバルブにつながるアクチュエーターケーブル(No.20)は、既存のものをそのまま取り付けできそう

なので、今回はNo.1パーツの交換で対応できそうです。

交換パーツを探す

さすがのAmazon「'09年式デイトナ675のエキゾーストマニホールド」は取り扱ってませんでしたw

ヤフオクで探してみたところ、前期型(‘06~'08年)と最終型('14年以降)のエキマニしか見つかりませんでした。

最終型はダウンマフラーになのでさすがに流用は無理でしょう。。

前期型は後期型と同じセンターアップなので流用できそうですが、確証がないのでなんとも。。

製品型番(Manufacturer Part Number)の確認

オークションに出品されている前期型は初年度登録が平成20年なので、'07年式or'08年式と思われます。ここで‘07‘08のパーツリストを見てみます。No.1パーツの製品型番はそれぞれ

年度 製品型番
‘07 T2202025
‘08 T2202025

なので、'07も'08もエキマニパーツを使っているようです。

さらに、'09年式の製品型番も確認すると

年度 製品型番
‘09 T2202025

なんと製品型番が同じ!後期型'09年式デイトナも前期型と同じエキゾーストマニホールドを使っているようです

なので、ヤフオクで見つけた前期型のエキマニは流用できそう、やったぜ!

エキゾーストマニホールドを落札

ということで、早速エキマニを落札。かかった金額の内訳はこちら

金額
落札合計(税込) 8,638 円
送料(税込) 1,620 円
合計金額(税込) 10,258 円

というわけで、配送待ち。これで一番懸念だったパーツの調達はOK

あとは、届いたモノを確認して、状態を確認してから次の行動に移るぞぃ

[追記]エキゾーストマニホールドが届いた

落札したエキマニが届いた

状態を確認してみると、、、

って、お前も割れとるやないかーいッ!!

これは誤算。。orz

どうしよ。。

禅とオートバイ修理技術〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

禅とオートバイ修理技術〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

Web!keでAELLA製品が10%offセールしてるようだ

約2年前、普通二輪・大型二輪を続けざまに取得して、さぁそろそろ自前のバイクを買うぞ!と意気込んでいた頃。たまたま試乗したデイトナ675にどハマりしてしまって、毎日“買ったらどうカスタムするか?”をひたすら妄想してました。あるあるですよねw

「うわっ、かっけーコレ付けよ♪」と妄想してたのが"AELLA"のパーツでした。

AELLAは日本製で、その精度の高さ・機能性、そして何より”美しさ”が抜群なんです!(ただそれに比例してお高い訳ですが。。

そんな憧れのAELLA製品が、Web!keで10%offになっていたので、いくつかピックアップ。

デイトナ675に使えるものしか乗せてませんが、AELLABMWDucati用のパーツも作ってます


アルミハンドル

デイトナを買う上で気になるのは、やっぱりポジション。SS未経験だと特に心配。でも、このAELLA製ハンドルに交換すると、

  • 垂れ角7度(ノーマル垂れ角9度)
  • ハンドルバー位置5.5mm手前
  • ハンドル幅(全幅12mm)短縮

と、かなりポジションが楽になるので、使っている人は多いようです

バーエンドもあり。

SSのポジションは前傾なので、どうしても手に体重が掛かりがち。体重がかかった状態でハンドルが振動すると、手を痛めやすいので、重さのあるバーエンドがあるといいですね

ナビステー

ステムシャフトに差し込むタイプのアルミ製ナビステー。汎用品のナビステーは色々ありますが、綺麗な表面加工がAELLAらしくていいですね

クランクケース内圧コントロールバルブ

ハンドルやナビステーは汎用品がありますが、内圧コントロールバルブは他のメーカーでは作ってないですね。

コレを付けると、フリクションロスが低減し、吹け上がりが軽くなりとエンジンブレーキの効きをマイルドにしてくれます。

デイトナの場合、ブローオフバルブも同時に取り付ける必要があります。余剰ラム圧を逃がす役目をします。

ラジエタープロテクター

デイトナラジエーターが大きさに比例して、飛び石なんかでダメージを受ける確率が高いです。 このプロテクターは、ダメージを受けやすい中央は目が細かく、外側は冷却効果を損なわないよう目が大きくなってます。芸が細かい

オイルフィラーキャップ

高価格帯の製品が多いAELLAの中では、かなり手に入れやすいアイテム。

つまみ部分がゆるいS字になっていて回しやすく、純正の樹脂製フィラーキャップよりもだんぜん質感が高い。ワイヤリング用の穴も開いていてサーキットを意識した作りになってます。


これらのパーツはどれも自分のデイトナに取り付けたいパーツなんですが、当のデイトナエキマニのクラックでお金がかかりそうなので、しばらく我慢なのでした。。orz