modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

レインウェアの洗濯&手入れをする

すっかり秋ですね

秋は天気も変わりやすく、朝夕と気温が下がるので、ツーリングでレインウェアを着る機会も多くなりますよね

という訳で、レインウェアの手入れをしました 1

レインウェア

使っているレインウェアはTHE NORTH FACEゴアテックス製のもので、もともとは登山用に買ったやつです

数年前に買ったものなので現行のラインナップにはないですが、↓が後継っぽい

洗濯

まずは汚れを落とすために洗濯

準備

洗う前に

  • ファスナー・ベルクロをすべて締めきる
  • フードを出す
  • ドローコードを緩める
  • 洗濯ネットに入れる

洗剤

一般的な洗濯石鹸は、石鹸が化学反応を起こすことで、落ちにくい汚れが発生するため非推奨だそうです

レインウェア用の合成洗剤が推奨されてます

NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウォッシュ BE181 【洗剤】

NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウォッシュ BE181 【洗剤】

今回は蛍光増白剤や漂白剤の入っていないホームクリーニング用洗剤を使いました

柔軟剤etc..

↑で触れたように、生地に洗剤などが残るのがNGなので、柔軟剤芳香剤はNG

ニオイケアしたい場合は、乾燥後にスプレータイプのものを使うのが良さそうです

トップ ハイジア 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

トップ ハイジア 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

デオラボ イオンクリア 100ml

デオラボ イオンクリア 100ml

洗う

洗う際は、

  • 洗剤が生地に残らないよう、十分にすすぐ(通常の2倍くらい)
  • 生地を傷めないよう、 脱水は軽く

といったポイントに気をつける

ぬるま湯が推奨らしいのですが、今回は手洗いではなく、洗濯機のドライコースを使い水で洗いました

乾かす

乾燥機を使う場合

乾燥機の使用が可能であれば、乾燥機の使用が推奨らしいです

撥水性の回復やシミ発生の予防効果があるそうです

自然乾燥の場合

紫外線は生地のダメージになるので、風通しの良いところで陰干し

防水生地なので、水がびっちゃびちゃ

アイロン

自然乾燥後、あて布をして低温のアイロンをかけることで、撥水性能が回復します

Bikejin?の付録のバンダナをあて布に使い、アイロンの温度は化繊のメモリにあわせてます

今回は、これで完了

撥水効果が弱まっていれば、撥水加工をしましょう

撥水加工

スプレー

おそらくもっともポピュラーなスプレータイプの撥水加工

スプレータイプの場合、乾燥後全体に薄く均一に吹き付け、乾いたら再度吹き付けるを4~5回繰り返す

シミができた場合は、すぐにアイロンで熱を加えることでシミを薄く伸ばせるらしい

リキッドタイプ

乾燥機を使う場合、リキッドタイプの撥水剤が簡単かつ効果的

NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトスプレー EBE016 【撥水剤】

NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトスプレー EBE016 【撥水剤】

洗濯後、濡れた状態のレインウェアに吹き付けてから乾燥機にかけるだけ

漬け置き

撥水剤を水に溶かし、漬け置きするタイプ

NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN EBE251 【撥水剤】

NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN EBE251 【撥水剤】

洗濯後、撥水剤を入れた水に漬け込み乾かすだけ

熱を加えることで撥水性能が向上するので、乾燥機を使わない場合はアイロンがけ推奨


備えあれば憂いなし

これで天気の不安定な日もツーリングできますね