modal_soulの記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス、そしてその記録

バイクおじさんの日常とメンテナンス

iPhone7のリアカメラの割れたカバーレンズを交換した

友人がiPhone7を落としてリアカメラのカバーレンズを割ってしまい、買い換えるならどの端末にすればいいか相談されたはずみで、修理することになった

レターパックで端末を送ってもらい作業したときのログを載せておく

準備

修理キット

基本的には、交換するカバーレンズと接着用の両面テープがあればOK

ヒートガン

接着面を温めてパーツを剥離するための道具

今回ははんだごてで代用

シリコンオフ

接着面の脱脂に使用

綿棒とかあるとらく

[Amazonブランド]Presto! 抗菌綿棒 200本x10個

[Amazonブランド]Presto! 抗菌綿棒 200本x10個

ブロアー

レンズのホコリを落とすために使用

作業

道具チェック

修理キットの中身はこれで全部

ヒートガンの代わりに使うはんだごて

高温なので注意

ちょっとしたコツ

この作業をしたあとで気づいたことなんですが、割れたレンズの破片でディスプレイに傷がついたりするので、作業するまえにディスプレイを保護したほうが良いです

保護シートがついていない場合は特に注意!

割れたレンズを除去

はんだごてをレンズの縁部分に当てて熱し、修理キット付属のピンセットでレンズを除去していく

パキッと割れてガラスの破片が飛んだりするので注意

奥のカメラレンズ部分を壊してしまうと1発アウトなので慎重に

ブロアーで破片やホコリを飛ばす

レンズ外周部に残った接着テープの残骸をデザインカッターで除去

脱脂

シリコンオフを綿棒に吹きかけ

レンズ外周部を脱脂

カバーレンズの接着

脱脂したレンズ外周部に円形の接着テープを貼り付ける

このテープは両面粘着になっているので、

剥離紙を剥がし、カバーレンズを貼り付ける

カバーレンズを十分圧着したら完成

本来はこのあとiPhoneを起動し、カメラの動作を確認するんだけど、自分のものではないのでこの状態で友人へ返送

後日、無事カメラの動作が確認できたそうな、めでたしめでたし